ゆるろぐ -Urbanisme Log-

建築、都市を学び、生業とするわたしのことだま。

DIYろぐ3 〜キッチンは吊るして収納〜

DIY=「いかに壁をつくるか」

↑吊るすだけで空間が活きる。

 

これほとんど100均の商品でできるからすごい。

 

ということで、キッチンの収納を作って、とても快適なので紹介。

 

使っている材料は、つっぱり棒と結束バンド、ワイヤーネット、滑り止め、フックなど。

 

2000円くらいでできてしまう。

 

そしてこれは前回紹介した、ツーバイフォー材で棚を作る時と同じ原理である。

 

urlog.hatenablog.jp

 

ツーバイフォー材の柱が、キッチンではつっぱり棒になり、

後ろの木板が、キッチンではワイヤーネットになる。

 

考えてみると、DIYというのは、「いかに壁をつくるか」ということなのだろう。

 

ということで、簡単に作り方を。

 

まずは、つっぱり棒。これは柱として使う。

 

 

そして、ワイヤーネット。

 

 

このワイヤーネットを結束バンドでつっぱり棒に固定する。

 

 

ワイヤーネットで固定する箇所には、滑り止めマットを巻くと、ワイヤーネットが固定される。

 

 ↑写真をよく見ると、つっぱり棒に、ベージュの滑り止めが巻いてあるのが見えると思う。

 

そして、この写真に映っている物(食器以外)は、ほとんどDAISOで購入した物だ。

 

 ↑S字フックなどを活用することで、収納スペースがだだ広がる。

 

 

箸を入れているフックや、調味料のフックは、100均によって種類が違うので、いろいろ探し回るのも面白そうだ。

 

みなさまも、非常に快適なキッチンを、どうぞ。