ゆるろぐ -Urbanisme Log-

建築、都市を学び、生業とするわたしのことだま。

インドろぐ21 〜パスポート紛失ろぐ5、FRROのスマートなお兄さん〜

明日の飛行機の時間には絶対間に合うから安心しな。

 

大使館を出発して10分しないくらいで、FRROに到着。

 

FRROでは、オンラインで作成する資料が新たに必要であり、それを作成する必要がある。

FRROの受付でも作ってくれるらしいが、順番待ちなどで時間がかかる。

大使館の方の指示では、代理で必要資料を作成してくれる露店がFRROの敷地外にあるから、そこにまず寄るようにと言われていた。

 

FRROの建物外には、ジュース屋さんや売店などの露店が並んでいる。

代理資料作成の露店を探していると、端の方に見つけた。

 

↑poddar serviceという名の店に行くようにと言われた。

 

↑こんな店。手前にパソコンとプリンターが見える。

 

露店の男に資料を渡す。

FRROの資料を作り始める。

僕はただ待つだけ。

この時点で、疲労もピークで、具合の悪さもひどかった。

どんどん吐き気が増した。

隣が売店だったので、マンゴージュースを購入。

 

一気に飲み干した。

 

男はところどころで僕に生年月日などの確認をとる。

15分ほどで作業終了。

黒い小さなプリンターから書類が印刷される。

プリンターは、インドの土埃舞う外部空間に普通においてあるから面白い。

 

とうとう、FRROの敷地内へ入る。

まっすぐ進むと、FRROの看板がある。

入り口で荷物検査があり、建物の中へ。

 

中へ入ったところで、窓口がどこなのか全くわからない。

日本大使館の人には、僕の事情をFRROの1人の職員に伝えてあるらしく、その人に助けてもらいなさいと言われていた。

なので、まずはその職員を探すことにした。

適当な職員に尋ねてみるも、取り合ってくれない。

おいおい、外国人が困ってるんだぞー。助けてくれよー。

そんなこと思ったところで、インド人は動いてくれない。

 

大使館の人の話では、目的の人物は中2階にいる、と言っていたことを思い出す。

しかし、FRROの建物内は、微妙な長さの階段がいくつもあり、何をもって中2階なのかがわからない。

とりあえず階段を登り、中2階と思わしき階の部屋に入り、職員に尋ねる。

すると、少し待ってくれ、と言われ、対応してくれることになった。

 

対応してくれる職員は、背が高く、いかにもエリートという方だった。

 

しばらくして、その職員の方が僕に付いて来いと言って、目的の職員がいる部屋まで案内してくれた。

 

部屋の前に着く。

部屋の看板には、大使館の方に紹介された職員の名前とHead Quarterの文字。

そう、目的の人物はお偉いさんだった。

その所長さんは、今他の人の対応中だったため、僕を部屋まで案内してくれたスマートな職員の方が対応してくれることになった。

 

僕のもってる書類に不備がないかを確認してもらう。

飛行機の時間を確認し、これには絶対間に合うから安心しな、と言ってもらった。

一通り目を通した後、明日の9:30以降に来い、とだけ言われた。

 

よかった。

これで今日のミッションは終了だ。

 

明日の朝、また来れば出国許可証を受け取れる。

 

具合の悪い中、よく頑張った自分!

 

肩の荷が降りた青年は、軽い身体でFRROを出た。