ゆるろぐ -Urbanisme Log-

建築、都市を学び、生業とするわたしのことだま。

インドろぐ18 〜哀しいかな、もうインドの匂いだけで吐き気がする〜

あちゃー

 

デリーへ帰る夜行列車は一階席、そして進行方向向きの席だった。

運がいい。

 

早速、ベッドメイキングをして、バックパックを南京錠で固定する。

 

最初のうちは、座った状態で過ごす。

せっかく購入したバナナを食べようかと思ったが、それでまたお腹痛くなったり、便意が出てきても面倒なので、食べるのをやめる。

 

インドでは、SIMカードも買っていないので、スマホは使えない。

 

すると本当にやることがない。

 

明日デリーについてからのシュミレーションを頭の中でするくらいだ。

 

30分も乗っていると、気持ち悪くなってくる。

その原因は、夜行列車の車内の匂いだ。

別に、特別くさいわけじゃない。

 

ただ、この匂いを嗅ぐことで、行きの夜行列車の思い出が鮮明に頭の中を駆け巡る。それは、僕の体内も駆け巡る。もちろん、お腹の中も例外ではない。

 

urlog.hatenablog.jp

 

 

 

匂いによって吐き気がする。

 

これは辛い……。

 

列車はまだ走り始めたばかりだ。

 

19:40発、翌朝8:10分着。約半日の行程だ。

 

ここで役に立ったのが、バナナだ。

 

バナナ4本の入った袋で鼻を覆うと、バナナの匂いで満たされる。

こうしていると、車内の匂いが和らぐのだ。

まさに、ガスマスクとしてのバナナ

画期的な対処法だった。

 

それでも、ずっとそうしているわけにもいかない。

何より手が疲れるし、集中力もいる。

 

便意も出てきたので、早速1回目のトイレへ行く。

もちろんかばんは携行する。

 

この車両は、洋式のトイレだった。

 

下痢を済ませると、吐き気が襲ってきた。

 

我慢できるような吐き気ではなく、戻した。

 

吐いたのは、行きの夜行列車ぶりで、久々だったからびっくりした。

まだ、吐き気は治ってなかったのか。

 

スッキリして、席に戻る。

 

向かいの席のインド人二人の男女、40-50歳くらいだろうか、二人は仲良くおしゃべりをしていた。

 

そんなしゃべることある???と疑問を持つくらいには、長い間話が尽きない。

ただ、はしゃいでいるわけでもなく、淡々と話す二人。

 

こっちは体調を落ち着かせたいから早く寝てくれと思っていたが、長話は永遠に続いた。

 

途中、女性の方の携帯に電話がかかってくる。

女性は、「はろ」から始まり、「あちゃー」「あちゃー」「あちゃー」とうなずく。

 

「はろ」と「あちゃー」しか聞き取れないから、そればかり耳に入ってくる。

 

女性の「あちゃー」言い方は、どこか気だるそうで、全部同じような発音、テンションで返すから、聞いていてめっちゃ耳に残る。

 

なぜか、「あちゃー」と聞くたびに、だんだん気持ち悪くなってきた。

 

何が、「あちゃー」だよ。なんか失敗したのか?

 

こちらも車内の匂いと戦うことで精一杯で、少し心が乱れていた。

 

嗅覚と聴覚で僕は衰弱していく。

 

仕方ないので、横になって眠ることにした。

 

夜中2時頃に目がさめる。

 

やはり振動は大きい、インドの列車。

 

「あちゃー」の女性も、その話し相手のおじさんももう寝床についていて、車内は真っ暗だった。

 

便意と吐き気があることに気づく。

 

冷静に、静かに、靴を履き、カーテンを開け、トイレに向かう。

 

また吐いた。

 

落ち着いたら席に戻る。横になるとまた気持ち悪くなりそうなので、座った状態で休む。

 

はー、日本に帰りたい。

 

この夜行列車さえ乗り切れば、帰れるぞ。

 

自分を励ます。

 

また眠くなってきたら、横になることにして眠りについた。

 

目覚めると、車内は明るくなってた。

 

夜は明けていた。

 

随分寝れたみたいだ。

 

吐き気もない。

 

ゆっくり体を起こして、座った状態で外の景色を眺める。

 

列車は遅れるのが普通ということを行きの列車で学んだから、今回も期待はしない。

まだまだデリーは先だ、と自分に言い聞かせる。油断はしない。

 

食欲があったので、バナナを1本食べる。

 

ゆっくり揺られる電車。

 

スマホを手に取り、グーグルマップを起動する。

 

位置情報を拾ってくれない。

 

再び車窓から外を眺めてゆっくり休む。

 

時間は朝の6:30。

 

もう一度グーグルマップを見ると、位置情報を拾った。

 

現在地を見ると、デリーのすぐ近く。

 

全然遅れてなさそうだ。よかった。

 

デリー駅に近づくと、列車はスピードを落としてのろのろと進む。

 

反対に、僕の吐き気は、ここでスピードをあげてくる。

 

もうすぐ着くから、今のうちにトイレに行こう。

 

3度目の嘔吐。

 

嘔吐完全復活。悪夢である。

 

そして、デリー駅に到着。

 

なんと、定刻より早くついた。7:50頃だろうか。

 

 

そして、ここから本当の戦いが始まる。

渡航書を無事獲得すべく、青年は3度目のデリー駅を足早に駆けた。