ゆるろぐ -Urbanisme Log-

建築、都市を学び、生業とするわたしのことだま。

読書ろぐ0 〜暇な学生よ、書を手に取れ、腐る程いる学生と差別化をはかれ〜

 著者の経験や知識を1000円で買うことができる。

 

ぼくは本を読むのを好きな子供だった。

 

小学生のころはよく本を読んだ。

 

かいけつゾロリ、マジックツリーハウス、ハリーポッターデルトラクエストなど、多くの小学生が読む本は一通り読んだと思う。

 

 

中学生、高校生になってからも、通学の電車内で小説を読んだ。

ただ、大量に本を読む読書好きとまではいかないレベルだった。

 

こうして少しずつ本から離れていったぼくだが、あるきっかけで大学1年生の冬以来、再び本との距離を縮めることになった。

 

そのきっかけは読書家の友人であった。

 

その友人は、別に偏差値の高い高校出身のわけでもなく、頭が特別いいわけじゃないが、いろんな知識を持っていて、色んなことに好奇心を持って取り組んでいた。

 

彼の言葉に、はっとさせられることが多く、同じ年月を生きている人間とは思えなかった。

 

 どうしてそんなに知識があるのかを聞くと、本を読んでいるからだと彼は答えた。

 

彼は、なせ本を読むのかを教えてくれた。

 

大学生という人種は腐るほどいて、みんなだいたい同じような時間を過ごしている。

大抵は、大学の授業を受けて、サークルで遊んで、バイトで稼いで、旅行に行って。

ただ、他人との差別化をつけていくことが今後の人生では重要で、その最も簡単な手段が読書なのだといった。

本は、著者との一対一の対話であり、その人の体験や知識、考えを学ぶことができる。

今の学生は本を読まない、とよく言われる現在、それはある意味チャンスで、本を読むだけで差別化を図ることができる。

 

これを聞いて、僕は読書家になろうと決めた。

 

まず手始めに、その友人に勧められた本は、斎藤孝さんの「読書力」だ。

 

読書家の第一歩としてとっても適した本であった。

読書とはどういうもので、どんな読み方をすればいいか、非常にわかりやすく書いてあるので、ぜひ手に取ってほしい。

 

 ということで、ぜひ読書を勧めたい。

世の中には面白い本がたくさんある。

著者の経験を、一冊の本を読むだけで追体験することができる。

著者の経験や知識を1000円で買うことができる。

安いものである。

 

特に今やることがなくて、暇な学生よ、ぜひ本を手に取ってほしい。

 

このブログでは、おすすめの本の紹介などしていければと思う。