ゆるろぐ -Urbanisme Log-

建築、都市を学び、生業とするわたしのことだま。

インドろぐ【あの腹は今】 〜インドから帰って1ヶ月以上経つけど、お腹は治らない〜

かたじけない。

 

投稿がご無沙汰となってしまった。

 

かたじけない。

 

インドろぐが書き終わり、次にどういう記事を書こうかと頭の中で考えているところだ。

 

このインドろぐだが、相変わらずこのブログを訪れてくれる読者の方がいるようで、本当にありがたい。

 

今度始めるシリーズは、もっと日常的なことになる。

 

都市に住まうことを主題に色々書いて行くつもりだ。

 

乞うご期待。

 

さて、このブログのタイトルは、これからのブログの方針を書こうという「ブログろぐ」ではない。

 

インドろぐのその後のお話である。

 

 これだけは、インド旅行者と共有しておきたい話。

 

というか、意見をいただきたい話、だ。

 

僕はインドで、狂ったように腹が壊れ、生きとし生けるもの全てを体の外に吐き出す生命の力を、この身をもって体感した。

 

urlog.hatenablog.jp

 

 

urlog.hatenablog.jp

 

 

urlog.hatenablog.jp

 

日本に帰ってすぐに行った医者では、ウイルス性胃腸炎と診断された。

 

病名としては、俗に言う、旅行者下痢であったはずである。

 

2週間から1ヶ月は、続くという。

 

その情報のとおり、1ヶ月間、お尻から出てくる茶色い塊が硬くなることはなかった。

 

硬くなってきたかなと思うと、柔らかくなる。

 

治りそうで、治らない。

 

3週間がすぎた時に、心配になって再び病院へ行った。

 

色をしつこく聞かれた。

 

血が混ざらない限り問題ないという。

 

そんなこんなで、もうすぐ2ヶ月が経とうとしているけど、いまだに下痢が続く。

 

こんなしつこいのかよ、インドの菌。

 

お腹の中は、まだインドかもしれない。

 

何か知っている人いたら、ご意見を待っている。

 

 

 

P.S. 日本に帰ってから、食べるのを避けていたカレーをとうとう食べた。

 

日本のレトルトカレーは全然いけた。

 

ネパールのカレーもいけた。

 

実は、インドのカレーはまだ。

 

でももういけるでしょう。