ゆるろぐ -Urbanisme Log-

建築、都市を学び、生業とするわたしのことだま。

記ろぐ10 〜あったら良いなと思っているサービスはだいたいある〜

 一体どれだけの数の人間がこれまでこの世界で生きてきたのか。

 

最近、「あー、こんなサービスあったらいいなー」とか、「あー、こういうものあったら便利だよなー」とか思った直後に調べると、「あ、あるじゃん!」となることが続いて世の中便利だなーと思ったので、ゆるく共有します。

 

お薬手帳電子版

最近カバンの中身を整理していると、くしゃくしゃになったお薬手帳が出てきた。

お薬手帳って、めちゃくちゃ不便だなーと、見ただけで思ってしまった。

なんてたって、過去の薬の情報を集めておく便利な手帳だけど、絶対に必要な時にない。

病気の時なんて、大抵余裕はない。お薬手帳なんて二の次の次の次の次の次くらいですかね。

今年の夏前ごろに続けて風邪を引いたので、その時は薬手帳をもらったままカバンに入れていたために薬局行った時にMyお薬手帳を持っているという珍しい状況になった。

お薬手帳の隠された効能は、薬の値段が若干安くなるということ。

お薬手帳を忘れてしまう人が多いので、この事実を知っている人はほとんどいないんじゃなかろうか。

「こんなお薬手帳こそ、アプリになってたらいいなー、というかなっているべきだろ」と思って、appstoreで検索すると、次から次から次から次に出てくる出てくる。病気の時に二の次の次の次の次の次にされていたからか、奥の方にたくさん眠っていたのだろう。

中には、厚生労働省推奨のアプリもある。

www-eokusuri.nichiyaku.or.jp

 

いい感じのまとめサイトもあり。

mag.app-liv.jp

 

ただ、すべての薬局には対応していないみたいで、アプリによって対応店数は違うということで、まだまだ使いにくそうだ。

それでも、「あるじゃん!」となりました。

 

②Tabキーで、戻る方法

Tabキー、めちゃくちゃ便利ですよね?

複数の入力項目があるときに、マウスでいちいち枠をクリックする必要もなく、次のタブに移れるってもう最初に知った時は最高かよとなった。

次のタブに文字を打ちたい時はTabキーを押す、ということが常識になっていたものの、前のタブに戻りたい時は何の疑いもなくマウスを動かして前のタブをクリックしていた。

何の疑問もなく、だ。

最近ふと、「Tabキーの戻るバージョンの機能ってあったら便利だよなー」と思うことがあって、「あったらいいなー」と思いググった。

ググりながら、「いや、ないはずがない」という思いが湧いてきて、やっぱりあった。

「Shift+Tab」で一個前のタブに戻れる。

もう、最高かよ。

もっと早く知りたかったよ。

 

ということで、二つの例を紹介したように、きっと便利なものやことは僕たちの目の届かないところにあふれていて、僕たちが認識しているのはほんの一部なんだろう。

一体どれだけの数の人間がこれまでこの世界で生きてきたのか。

世の中ってとてつもない数の人間の蓄積のうえにあるんだなーと改めて思いました。

2018年に生きていることもある意味奇跡ではないでしょうか。

 

それでは、3連休を楽しみましょう。