ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

イギリスろぐ3 〜建築、都市好きが回るロンドン〜

 the London観光

 

ロンドン1日目はthe London観光をすることになった。

ロンドンといえば公共交通だが、この日は公共交通をほとんど使わずに歩いて回った。ルートを思い出してマッピングすると、こんな感じ。

▲赤色が歩き、黒点線が地下鉄。めちゃくちゃ歩いた。

 

ロンドンを知っている人じゃないと、この地図を見てどこを回ったのかなんてわからないと思う。

名所のほとんどを回れる結構良いルートだと思うので、本記事ではダイジェストにお届けして、以降の記事で詳細を書いていくことにする。

特に、建築や都市開発的に熱いところを多めに回っているので、建築に興味ある人は必見!

 

1 Borough Market

歴史ある高架下のマーケット。大空間が気持ちいい。朝ごはん調達可能。

 

2 Southwark Cathedral

ロンドンブリッジの袂にある大聖堂。内部の撮影には、1ポンドの寄付が必要。

 

3 London Bridge

ロンドンの橋(雑な説明)。「ロンドン橋落ちた」の歌で世界的に知られる。有名なタワーブリッジを望むことができる。

 

4 Monument to the Great Fire of London

世界的大火として知られる1666年のロンドン大火後に作られたモニュメント。当時のロンドンは木造家屋が一般的であり、その中で建設された石像の塔。

 

5 Bank of England

行きの機内で「メリーポピンズリターンズ」を見てよかった。

設計は、ジョン・ソーン。

 

6 Lloyd's of London

イギリスの保険会社ロイズのオフィスビル。デザインの密度に驚かされる。

設計は、リチャード・マイヤー

 

7 One New Change

セントポール大聖堂に隣接する商業施設。セントポール大聖堂へのヴィスタを引き込んだ平面計画。ファサードもカッコいい。

設計は、ジャン・ヌーヴェル。

 

8 St. Paul's Cathedral

かの有名なセントポール大聖堂。

設計は、クリストファー・レン。

 

9 Sir John Soane's Museum

建築家ジョン・ソーンの邸宅が美術館となっている。内部の美術品の数は尋常じゃない。毛深い空間。

 

10 Royal Opera House

オペラハウスの、渡り廊下(通っただけ)。

 

11 Covent Garden Market

綺麗な商業施設。コヴェントガーデンは、オペラハウスを含めた地区を指す。

 

12 Trafalgar Square

三越のライオンのモデルがいる広場。地球の歩き方には、ロンドン観光はここから始めるのが良いと記載がある通り、ロンドンの中心。

 

13 Big Ben

言わずもがなロンドンの目玉。工事中で残念。

 

14 貴族院

工事中のビッグベンにがっかりして、ビックベンの尻尾の位置にある貴族院の塔を見学。

 

15 Westminster Abbey

これまでイギリスの歴史を作ってきた皇室関係者の墓がある寺院。水曜日は普段より安く入れます。

 

16 Buckingham Palace

正面玄関前では、兵隊さんが見れる。

 

17 Cardinal Place

足元が商業施設、上層階はオフィスのコンプレックス。なんとなく六本木を思い起こさせる。

 

18 Oxford Circus

オックスフォードサーカスの交差点。上手く撮影できるスポットを探せず、パノラマで(ひどい)。

 

19 Piccadilly Circus

1番の繁華街!?劇場が多く点在する。イギリスの街にもこんな大画面が!?

 

建築や都市計画を勉強してよかったことは、普通の人よりも目が肥えていることだ。

どんなつまらない街並みも細部まで気になる。建物の外壁の素材やファサードのデザイン、歩道と車道の幅、舗装の変わり目、サインのデザイン、人のアクティビティ、、。

普通の人より、何倍も街の景色を楽しむことができるのだ。

 

今回の記事はここら辺にして、次回から各々書いていく。