ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

イギリスろぐ9 〜迫力がすごい、ロンドンのミュージカル〜

あんなに美しくて大きな声を出せるなんて

 

オックスフォードで乗った電車は、1時間ほどでパディントン駅に到着した。

電車内では、相変わらず「レ・ミゼラブル」の映画を予習。

パディントン駅に着いても、まだ見終わっていないので、スマホを片手に移動していた。

 

パディントン駅。やはり、くまのパディントンを思い出す。

 

▲ホームの一部が、駐輪場になっている。ゼロ距離のパークアンドライドだ。これは便利。

 

パディントン駅は地下鉄が何本も乗り入れている。上空の標識は必要最低限しかない。と思ったら、地面にサインが書いてある。非常に分かりやすい。

 

ミュージカルの劇場であるクイーンズ・シアターの最寄駅のピカデリー・サーカスまで地下鉄で行く。

幸い、最寄駅に着くまでに、映画「レ・ミゼラブル」を見終えることができた。

 

朝は、快晴だったロンドンも、この時間はしっかり雨。

雨が降っても、「ロンドンらしい」と思えてしまうからいい。

 

▲雨のロンドン

 

▲クイーンズ・シアターに到着。

 

建物の外装がレミゼラブル専用の外装になっている。専用のシアターのようだ。

到着したのは、開演の20分前くらい。

1階入り口は、写真で見てわかる通り、たくさんの人で混み合っていた。

 

今回、チケットは日本で事前に予約をしていた。

予約方法を簡単に説明しておくと、TODAY TIXというスマホのアプリで予約ができる。

www.todaytix.com

 

こちらに、ログインして、見たい作品と日にちを選び、座席を選ぶ。それだけでOK。

チケットは、当日に劇場で受け取ることになる。受け取ることができるのは、開演の45分前から。事前に何かを印刷する必要はない。

 

チケットオフィスは、レミゼラブルの大きな少女の描かれたポスターの下のあたりにある。

一応、アプリの予約画面と、確認メールのスクショを用意しておいたが、名前をフルネームで伝えれば渡してくれる。

電子チケットすら不要であった。

 

TODAY TIXは非常に便利だったけど、劇場の公式サイトからも予約はできるみたいだ。

www.lesmis.com

 

というか、実はこちらの方が座席の値段が若干安いような気がする。

しっかり確かめていないので、なんとも言えないが、両者を比べて検討してみてほしい。

 

そして、「ミュージカルはチケットとるの簡単!」とさらっと流したけど、実は席を決めるのが非常に難しい。というか、座席が非常に重要だと思う。

 

劇場は、3層構造になっている。

汚い写真で申し訳ないが、こんな感じ。

 

 

そして、座席によって、もちろん値段も大きく変わってくる。

一番安い席で、40ポンドくらい。一番高いと200ポンドを超えてくる。

 

座席の良し悪しについては、いろんなサイトで口コミや選び方のコツが書いてあるので、まずはこれらを読むといい。

www.funlondon.net

 

shop.plaza.rakuten.co.jp

www.theatremonkey.com

 

僕としては、この二つ目のサイトが結構参考になった(3つ目のサイトの説明が日本語で書いてある)。

どこが値段以上の価値があって、どこが安かろう悪かろうな席なのか、がよく分かる。

 

僕が日本でチケットを予約したのは、上演日の1週間前だったので、その時点で結構席が埋まっていた。

しかも、友人2人と自分で3人並びでとるとなると、ほとんど選択肢はなかった。

3階席か、1階席のかなりいいところかしかない中で、「せっかくのロンドンだから」を発動して、結局約180ポンドの座席を選択した。

(冷静に高い。)

 

で、当日は、こんな距離感でミュージカルを見ることができた。

 

▲近い!

 

ミュージカル自体は、非常に迫力があって体験できて良かったと思う。

レ・ミゼラブルは、映画の曲と全く同じなので、ストーリーなども英語を聞き取れなくてもしっかり追うことができた。一緒に見た友人の一人は、レ・ミゼラブルを5年前に一度見ただけだったため、ほとんど記憶に残っていなくて、ストーリーに置いてきぼりにされていた。映画で予習して良かった。

 

それにしても、あんなに美しくて大きな声を出せるなんてすごい。

 

結論:ミュージカルは良い席で見るべし。

 

レ・ミゼラブルは、全体で3時間ほどの作品なので、正直長かった。

途中に幕が下がって、「えっ、終わり⁉︎」ってなる時間があるが、中間の休憩タイムだから、焦らないでほしい。

 

劇が終わった後は、客席内を見学することも可能だ。

 

▲ステージの下には、オーケストラのスペースがある。

 

▲日が長いロンドンもすっかり夜

この後、久しぶりの再会を祝して、初PUBでBEER!

明日が実質最後のロンドンの観光日。

どの国にいようが、時間は過ぎ去るものである。

 

▲PUBにて。英会話の勉強にもなるね。

 

▲ギネスだったかな(覚えてない。うまかったのは覚えてるよ)