ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

イギリスろぐ11 〜モビリティを駆使して大回りロンドン〜

「ねえ、ロンドン、1日でどれくらい回れるの?」

 

悠久の時を超えて、イギリスろぐを再開する!

 

urlog.hatenablog.jp

 

せっかく自分でブログを書くので、自分が旅行者だった時に欲しい情報を書くべきだろう。

ということで、「ねえ、ロンドン、1日でどれくらい回れるの?」という目線で書こうと思う。

 

ロンドン3日目のルートは、こんな感じ。

▲フェリーや地下鉄を駆使!

 

1日目のルートを重ねると、、、

 

urlog.hatenablog.jp

 

 

▲1日目と比べると、行動量が桁違い!

 

それでは、さらっと見ていこう。

 

 

 

1 バラ・マーケット(Borough Market)

毎度おなじみのバラ・マーケット。

こちらは、

 

 

2 ミレニアム・ブリッジ(Millennium Bridge)

 

テートモダンが開館するまでの散歩にちょうど良い。

 

3 テート・モダン(Tate Modern)

 

ここまでは、前回の記事に詳しく書いているので、参照されたい。

 

urlog.hatenablog.jp

 

4 フェリー(タワー・ブリッジ(Tower Bridge)など)

ロンドンを東西に流れるテムズ川をフェリーで進む。

フェリーの駅名のロゴを見ると、地下鉄と同じことが分かる。デザインが統一されていて、オイスターカードで乗車できる。ただし、オイスターカードへのチャージは地下鉄駅でしかできないみたいで、僕たちはお金がなくて、地下鉄駅で一度チャージした。デザインだけじゃなくて、中身ももうちょっとスマートにして欲しい笑。

▲フェリー乗り場

 

▲フェリーからタワーブリッジを見学

 

グリニッジ天文台(Royal Observatory Greenwich)

フェリーに乗って、20分くらいだったかな。グリニッジに到着。

 そこから歩いて15分くらいで、グリニッジ天文台に到着。

 

世界標準時計がお出迎え。ここはフォトスポットになっていて、人が代わる代わる写真を撮影していた。

 

なぜ経度が発明されたのか、時間とは一体なんなのか、などなど、興味深い展示をみることができる。

 

天文台。内部は資料館となっている。

 

▲東半球と西半球にまたがることが可能!!!!

 

6 Fish and Chips

観光名所でもなんでもないけど、グリニッジ天文台の近くでイギリスに来てから初のFish and Chipsを食べた。美味かった。

お店の名前は、"THE PIER"。

www.visitgreenwich.org.uk

 

▲想像の1.8倍大きい!

 

7 カナリー ワーフ(Canary Wharf)

グリニッジから地下鉄に乗って15分くらい、ロンドン最大!?の再開発地域カナリーワーフ。

カナリーワーフは、かつての造船ドックである。1980年代の海運業界の革命、コンテナの登場により衰退した。80年代に閉鎖されたあとは、廃墟になったという。

しかし、その後サッチャー政権によって再開発が行われ、今では立派な金融街となった。

 

▲カナリーワーフは、かつての造船ドッグなので、地下鉄の駅は地上にある。

 

▲東京でいえば、丸の内のような、ビルが林立する地域。写真は、目玉の建築物、CROSSRAIL PLACE。

 

CROSSRAILとは、80年代より構想のあった地下鉄新線の計画である。その開発が近年進んでいて、CROSSRAIL PLACEは、その一つの駅の建物だ。

 

細長い建物の最上階は、世界中の植物が植えられた植物園となっている。まさに、大航海時代に、世界中の植物を集めたイギリスならではの発想!

 

▲この建物も、経緯0度線を通るので、0度を中心に東西を東半球と西半球に分けて世界の植物がグラデーションで並んでいた。

 

8 ストラトフォード(Stratford)

カナリーワーフからさらに電車を乗り継いで北上すると、ロンドンオリンピックの会場、ストラトフォードに到着する。

2020東京オリンピックに先立ち、オリンピックのレガシーを見てきた。

 

▲駅前のオリンピック感。

 

基本的には、ショッピングモールとスタジアムがポツポツあるという印象。

 

9 ロンドン・アクアティックス・センター(London Aquatics Centre)

代々木の新国立競技場を建設するはずだったザハ・ハディドの建築、ロンドン・アクアティックス・センター。現役の競泳施設。

 

▲形がエロい。

 

10 オリンピックスタジアム(London Stadium)

オリンピックメインスタジアム。遠くから見ただけ。

 

▲手前で寝ているのは、友人。この椅子もザハのデザインかな。寝やすいかたち。

 

11 中華街

ストラトフォードから一気に中心部へ戻る。

いい時間なので、夕食を取ることに。

留学中の友人の希望で、米を食うことになり、迷わず中華街へ。

本当に中国人は、どの国にも中華街を作っていて、頭が上がらないよ。

 

▲中華街の門。イギリスにいるはずなのに中華街。なんだか不思議な気持ちになる。

 

12 PUB シャーロックホームズ(Sherlock Holmes

中華街でたらふく食べたのちは、せっかくのイギリスなので、PUBへGO!

お店の名前の通り、シャーロックホームズの雰囲気のパブへ。

お店で流れている映像は全てシャーロックホームズの映画。

シャーロックホームズファンは必見。

 

▲ビールの種類も、シャーロックホームズ。

 

▲店内は激混み(笑)。雰囲気がいい。

 

13 クラブ

こいつは、とんでもない体験だった。ロンドンのクラブに行ってみた。

入り口ではガタイのいい警備員のチェックを受けて、ビクビクしながら入ってみるとそこはもうとんでもない。どうとんでもないというかというと、もうとんでもないのだ。

詳細は別記事に譲ろう。

 

▲とんでもなさ、伝われ!

 

14 夜のセントポール大聖堂(St. Paul's Cathedral)

クラブで終電を逃した僕たちは、、、はるばる歩いて帰ったのだった。この季節の夜は寒くて辛かったけど、そんな中目にしたセントポール大聖堂をどうぞ。

 

▲神々しいね

 

モビリティを駆使すれば、かなり回れるよ!

以上、駆け足で、1日の行動を振り返ってみた。読んでわかる通り、フェリーや地下鉄を使うとかなり広い範囲を観光することができる。

移動も、ただの移動じゃなくて、フェリーは特に移動だけで楽しめるのでおすすめ。

 

さあ、この調子てイギリスろぐを書き進めたい…。