ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

イギリスろぐ6 〜ランチ香るクライストチャーチ〜

 そう、昼食のにおいが残っているのだ。

 

お昼を食べてまず向かったのは、本命のクライストチャーチ

 

クライストチャーチは、ハリーポッターのあの食堂のモデルだ。

オックスフォード大学でも現役の食堂であるため、学生が利用する昼間は見学ができない。

午後は14時から見学開始となる。

 

このクライストチャーチは有名なので、劇混みするらしい。

さらに、食堂の見学時間は14時からだけど、それ以外の部分は14時前から見学可能なので、

早めに行って食堂以外の部分を見学してから、14時を見計らって食堂を見学するのがいいらしい。

 

ということで、僕たちはクライストチャーチを目指した。

 

クライストチャーチの塔が見えてきた。

 

塔の下の門ではなく、さらに進んだ場所にある門から入場する。

 

 

 

門に入った場所から望むクライストチャーチ

 

かわいらしい庭のあるアプローチを進む

 

 

エントランスの建物の近くには、既に多くの人がいた。特に中国人の団体客がたくさんいた。

世界中どこにでもいる中国人すごい。

 

エントランスとなる建物

 

 

周辺はだだっ広い緑地になっている。

 

芝生でくつろぐ観光客

 

これだけ美しい芝生は管理する人があってのもの

 

14時前だが、入れる。

入場料金は下の写真のとおり。

 

 

▲14時前につくと、看板の下から5行目あたり、食堂のHallCLOSEDになっているが、それ以外の部分はOPENになっている。

 

エントランスを抜けるとすぐに中庭がある。

外の喧騒とは裏腹に、シンとした静けさが包む。

 

 

さっそくハリーポッター

 

さらに、奥には広い中庭がある。

学生以外は、この芝生に入ることは許されない。

 

 

屋内に、小さい庭を発見

 

聖堂のステンドグラス

 

 

はたまた小さなコートヤード

 

こんなところで勉強できる大学生、うらやましい

 

こんなにかっこよいお土産店見たことありますか???

 

売店を出たところの天井。木造のアーチ。

 

と、20分ほどかけて一通り見学すると、元の場所に戻ってくる。

ホールには、行列ができ始めていたので、並ぶ。

 

 

もう完全にハリーポッター

 

 ▲天井の意匠

 

そして、ホールに入場。

基本的には、一筆の動線が用意されていて、そこを行列を作りながら歩く。

 

高い天井、壁には所せましと肖像画が並び、荘厳な雰囲気

 

 

行ってみた感想としては、狭い!

ハリーポッターの映画の中の大きさの、1/4くらいの大きさ(という勝手な感覚)。

ここで、食事をとれる学生はうらやましい。

 

そして、午後一番に行くことによるメリットとしては、「匂う」ことだと思う。

そう、昼食のにおいが残っているのだ。

これはこれで本物感があってよかった。

 

フォークやスプーンが残されている。

 

 出口付近には、献立が貼ってあったので、パシャリ

 

おまけ:後ろを振り返れば、こんな感じでたくさんの人がいる。

 

青年は、クライストチャーチを後にして、残りのカレッジへ向かった。