ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

イギリスろぐ5 〜羨ましいね、オク大生〜

 

オックスフォードに着き、駅前のロータリーからバスに乗って街の中心部へ向かった。

駅から街の中心部までは1kmくらいなので、歩けないこともない。

 

バス停の情報がよく分からないので、グーグルマップを頼りに街の中心部にきたところで、適当にバスを降りた。

そして、まず向かったのは、カーファックス・タワー。

街を歩く前に、塔の上からオックスフォードを見ることにした。

 

▲カーファックス・タワー

 

▲頂上からの景色①

背景には田園が広がっている。非常にコンパクトな街だ。

 

▲頂上からの景色②

 

▲足元の交差点。赤いバスが可愛らしい。

 

オックスフォードの観光は、基本的にはカレッジ巡りである。

街の中に点在するカレッジを見学する。カレッジとは、正直説明を読んでもいまいちよく分からないが、大学施設や学生寮から構成されるもので、オックスフォード大学は複数のカレッジで成り立っている。

 

街は落ち着いた雰囲気で、小ぶりの建物が多い。

いい感じだけど、なぜかディズニーランド的な偽物感を感じた。偽物ではないんだけど。

 

▲突き当たりの建物は、ショッピングモール。

▲生い茂る家。

▲小ぶり。

 

ぶらぶら歩きながら、まず向かったのはベイリオル・カレッジ。

 

▲ベイリオル・カレッジ。

 

入ろうとすると、お昼休みなので入れないとのこと。カレッジの多くはお昼は入れないから注意しないといけない。

どのカレッジもお昼休みなので、僕たちも来て早々だけど、お昼休みを取ることにした。

 

この日のお昼は、ファストフード!

でも、ただのファストフードではない。

この「LEON」というハンバーガー屋は、自然派のファストフード。自然派とは、完全なベジタリアンではないが、肉を使わない、またヘルシーで、食べても罪悪感のないファストフードを提供している。

ロンドンでは、大流行りらしい。

▲店内の壁紙のメッセージがいいね!

 

と、ここまで、オックスフォードに移動してきただけで、すでに13時くらいだったかな。

時間無駄にしてしまった感が強いが、ここから怒涛のカレッジ見学が始まる。

 

青年たちは、クライスト・チャーチへ向かった。

 

ヴィスタのある街並み