ゆるろぐ -Urbanisme Log-

建築、都市を学び、生業とするわたしのことだま。

記ろぐ10 〜あったら良いなと思っているサービスはだいたいある〜

一体どれだけの数の人間がこれまでこの世界で生きてきたのか。 最近、「あー、こんなサービスあったらいいなー」とか、「あー、こういうものあったら便利だよなー」とか思った直後に調べると、「あ、あるじゃん!」となることが続いて世の中便利だなーと思っ…

記ろぐ9 〜道徳、コンプラ、法律を巡る事件〜

非常に21世紀的だなと思うのだ。 本日、出張で新幹線に乗って移動中に起こった出来事をぜひとも共有したい。 この出来事は、何が正解かを考えさせられるとても奥深い題材だと思う。 今思い返しても、あまり整理がつかない。 今日乗った新幹線は、ほとんど…

記ろぐ8 〜ブログ書くのってめんどくさい〜

さて、そろそろ限界である。 こんばんは。 ブログ書くのってめんどくさいってことを、とうとうブログに書いている。 心に留めておく段階を超えて、ブログを書くというめんどくささを超えて、今パソコンのキーボードを叩いている。 暇なのだろうか。 いや、決…

記ろぐ7 〜Facebookとぼく。オワコンなのはどちらだろうか。〜

この一生続くと思われた、Facebook誕生日メッセージ煩悩の終止符は、ふいに打たれた。 久しぶりにブログを更新する。 待っていてくれたみんな、ありがとう。 感謝を伝えるところから始めたい。 感謝といえば、私事であるが、先週誕生日を迎えた。 誕生日とい…

道東ろぐ9 〜被災したという自覚はじわじわと沸き立つ〜 ​

停電でバスが運休になるなんて、一ミリも思っていなかった 昨日が夜行バスでの移動だったので、布団に入った僕はすぐに深い眠りに着いた。 そして翌朝。 朝起きる直前、妙にリアルな夢を見ていた。夢の中の出来事からシームレスに起きる、なんてことはそんな…

道東ろぐ8 〜息を飲む、阿寒湖の美しさに〜

暗い水面と暗い山並み、そこに暗くなる空が溶け込む。 バスに揺られて2時間。 ほとんどの時間は草原の中を快走していたように思う。 遠くの山にかかる雲は、東京で見る雲よりも軽々しく見えた。 ↑こんな景色がずっと続く。 なんの変哲も無いバスだが、座席の…

道東ろぐ7 〜毛綱毅曠のまち、釧路〜

半世紀も経てば、土器とスマートフォンは同じガラスケースの中に展示されていても、まったく不思議じゃないだろう。 バスセンターから歩き出すと、雨はだいぶ弱くなっていた。 日本の端っこまで来てしまったことを、交番を見て知る。 なんと、ロシア語の表記…

道東ろぐ6 〜運休の嵐〜

信号の赤と緑と、シマシマの道路は奇妙に映った。 急に目が覚める。 相変わらず、バスの車内にぼくはいる。 びっちりと閉まったカーテンをかき分けて、やっとの思いでできた小さな隙間から外の光が入る。窓の外には、灰色の世界が広がっていた。 なんともい…

道東ろぐ5 〜嵐の夜に、刺青のおじさんと風呂に入る〜

なんだか遠いところまで来たなあと改めて思う。 飛行機が欠航になると、ゲートで待っていた客は一度集められ、係員に誘導されて到着ロビーへと一列で向かうことになる。 ちょうど今朝見た到着ロビーの風景をまた見ることとなるとは。 空いているベンチに座り…

道東ろぐ4 〜永遠の水平都市、札幌〜

それは、どこかニューヨークと似ている。 想定よりも、早い電車で真駒内を出ることができた。 空港に戻るまでにまだ時間があるので、札幌散策をすることに。 ということで、「札幌 建築」でググる。 「都市名 建築」と検索するだけで、たいていは有名建築リ…

道東ろぐ3 〜五輪の遺産都市!?真駒内〜

初めての土地だからこそ、移動の中でまちを体感する 墓参バスに乗って、真駒内駅に戻った。 「北海道 建築」でググると、真駒内の有名建築として、頭大仏以外にもう一つヒットした。 それは、六花亭真駒内六花亭ホール店である。 場所は、真駒内駅から約1km…

道東ろぐ2 〜尻を隠して頭隠さず大仏さまin札幌〜

台風21号が迫る中、無事に飛行機は羽田を飛んで、経由地の新千歳空港に到着した。 ここから、釧路への飛行機に乗り換える。釧路への飛行機は夕方発であり時間があったから、ぼくは札幌市内を観光することにした。 大地震が襲う2日前の出来事である。 個人…

道東ろぐ1 〜旅の始まりはいつも急だ〜 ​

「最悪」の始まり、だったのかもしれない。 旅の始まりはいつも急だ。 会社の制度で支給される夏期休暇。 土日を挟んでできるだけ長く旅に出れるように日程をおさえた。 約1週間の夏休みである。 ぼくは、どちらかというと、いや、かなり夏という季節が好き…

道東ろぐ0 〜今朝ぼくは、阿寒湖にいた〜 ​

夢だと思っていたあれは、夢じゃなかった。 「道東」 この文字が何を表すか知っている人はいるだろうか。 北海道の東の地域を「道東」と呼ぶ。 北海道と聞けば誰しも、ちょうど今朝、千歳を襲った大地震のことをすぐに思い浮かべるだろう。震源の近くであっ…

ブログろぐ5 〜星は消える〜

はっ……星消えた…… 僕たちが見ている星のうちのいくつかは既に爆発してしまって存在していない。 地球から遥か遠くにあるがために、既に存在しない星たちのかつての光が僕たちの目に届いているというのだ。 はてなブログの星もまた同じかもしれない。 いや、…

映画ろぐ3 〜しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス〜

Pepole are stupid. 画家のモード・ルイスを描いた映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス 』(原題: Maudie)。 しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス [DVD] posted with カエレバ サリー・ホーキンス 松竹 2018-10-03 Amazon 楽天市場 Yah…

読書ろぐ1 〜手始めに、自分を裏切るな。〜

この本を、一人でも多くの人が読めば、世界はもっとよくなるだろう、なんて思うくらいには勧めたい本だ。 ぼくは読書が好きだ。 それ以上に、積読が好きだ。 「大学生 読むべき 本」 「ビジネス書 おすすめ」 「小説 100選」 など、平凡な言葉を並べて、…

映画ろぐ2 〜『15時17分、パリ行き』危機に瀕した時は行動を起こせ〜

誰かのために生きることができる。 『15時17分、パリ行き/The 15:17 to Paris』は、実話を元にした映画である。 アムステルダムからパリへの高速列車に、観光でヨーロッパに来ていた3人のアメリカ人が、列車に乗り合わせたテロリストのテロ行為を阻止する…

映画ろぐ1 〜スリー・ビルボード〜

あれだけの暴力的なシーンがなかったかのようなきれいな終わり方だった 今まであまり映画に興味を持つことはなかった。 もちろんゼロだったわけじゃなく、映画を見ること自体は好きである。 見たい映画がある時に、映画館に足を運ぶ程度で、その見たい映画も…

ブログろぐ4 〜ブログを始めて約4ヶ月累計2000PVを突破した〜

5ヶ月前、ぼくはインドにいた。 わんばんこ。 ブログを初めて約4ヶ月、というより約5ヶ月に近いかもしれない。 とうとう2000PVを突破した。 urlog.hatenablog.jp urlog.hatenablog.jp urlog.hatenablog.jp 過去のブログろぐを並べてみると、 一ヶ月目・・…

夢をかなえるゾウろぐ4 〜人が欲しがっているものを先取りする〜

この課題は具体的である。 第4課題は、「人が欲しがっているものを先取りする」 これは、結構難しい。 というのも、今までの課題が具体的であったのに対して、突然抽象度が増したからである。 ↓これまでの課題たち urlog.hatenablog.jp urlog.hatenablog.jp…

DIYろぐ5 〜狭い空間では壁を最大限利用しよう【洗濯機編】〜

DIY

洗濯機の上のスペース余ってるよね。 DIYろぐ第5弾は、洗濯機上部のスペースの空間利用。 洗濯機の上のスペースは、囲われた狭い空間なので、前回記事で紹介したクローゼットと同じような対処で可能となる。 <リンク> そして、とっても簡単に余剰空間の効…

DIYろぐ4 〜狭い空間では壁を最大限利用しよう【クローゼット編】〜

DIY

狭い空間だからこそ、壁に押し付けるというワザ 我が家のDIYは着々と進んでいる。 urlog.hatenablog.jp DIYろぐ2でも書いたように、DIYの手法というのは一定であり、結局は傷をつけて良い自由な壁や柱を作り、そこを起点に水平面を作り出すのである。 今回…

夢をかなえるゾウろぐ3 〜食事を腹八分におさえる〜

だけども、午後は眠くなる。 3つ目の課題は「食事を腹八分におさえる」 これは、いろんなビジネス書で言われていること。 最初に『夢をかなえるゾウ』を読んだ時は、高校生の延長線上の大学生だったので、腹一杯食べたい時期で、ガネーシャが言っていること…

夢をかなえるゾウろぐ2 〜コンビニでお釣りを募金する〜

ポイントは資産という意識もなく、なんとなく持ち歩いてしまうものだったりする 二つ目の課題は、「コンビニでお釣りを募金する」。 といっても、最近はお弁当生活をしているので、あまりコンビニを使う機会は少ない。 そして、ぼくはセブンイレブン派であり…

夢をかなえるゾウろぐ1 〜靴をみがく〜

自信は足元から。 夢をかなえるゾウ、記念すべき最初の課題、「靴をみがく」。 社会人になってから3ヶ月ほどが経ち、今のところ一度も靴を磨いていなかった。 さすがに3ヶ月も磨かないと、汚れているのが目で見て分かってしまう。 この3ヶ月何もしなかったわ…

夢をかなえるゾウろぐ0 〜実際にやってみた〜

おおー、インド! ある友人との出会いから、大学1年生の冬からぼくは積極的に読書をするようになった(詳しくは、前回の記事参照)。 urlog.hatenablog.jp 「大学生 読むべき 本」 「本 おすすめ」 など、簡単なワードで調べて、とりあえず代表的な作品を片…

読書ろぐ0 〜暇な学生よ、書を手に取れ、腐る程いる学生と差別化をはかれ〜

著者の経験や知識を1000円で買うことができる。 ぼくは本を読むのを好きな子供だった。 小学生のころはよく本を読んだ。 かいけつゾロリ、マジックツリーハウス、ハリーポッター、デルトラクエストなど、多くの小学生が読む本は一通り読んだと思う。 (52)か…

記ろぐ6 〜風邪ろぐ3 風邪のピークは気付いた時には過ぎている〜

昨日の今頃は気分悪かったなあと、終わってみれば他人事になる。 翌日、スマホのアラームで目を覚ます。 いつもより少し目ざまは遅いが、立って歩ける状態。 熱を測るも、37度を上回らない。 大量に水分を補給し、大量に汗をかき、薬をちゃんと摂取して、ち…

記ろぐ5 〜風邪ろぐ2 水分を絶やすな〜

アカン……オカン……。 翌日はいつも通りに目を覚ます。 いつも通りに朝ごはんを食べ、着替えたり、整えたり。 少し具合が悪いくらいで、昨日よりは体調は良い。 昨日職場で寒い思いをしたので、今日は長袖シャツにする。 昨日の晩御飯の残りを弁当に、経口補水…