ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

イギリスろぐ2 〜ロンドン地下鉄の路上ミュージシャンの秘密〜

 夜のロンドンは、人通りが多い。

 

イギリスに到着したものの、時間は夜の10時。

そこから、中心部の宿に移動するから、到着は0時を回る見込みだった。

 

空港から市内へは、特急電車か地下鉄(通称、TUBE:チューブ)で行くのが一般的。

今回は安さを求めて地下鉄にした。

ロンドンの地下鉄は、オイスターカードという、日本でいうスイカのようなICカードを使用する必要がある。

 

空港地下鉄駅で、オイスターカードを購入。オイスターカード作成に5ポンドかかる(デポジットなので、使い終わったら返ってくる)。この時同時にお金をチャージする。

 

▲スイカではなく、オイスター

 

JCBカードは、あまり使えないと噂で聞いていたが、オイスターカードの購入では使えました。

 

地下鉄へ乗って、グリーパークで乗り換えロンドンブリッジへ。

▲イギリスの地下鉄はかまぼこ型で、TUBEと呼ばれる。

 

▲グリーンパーク駅まで一本。ここで乗り換え。

初日にして深夜のロンドンに少しビビりながら進む。

 

地下鉄の乗り換え通路では、パフォーマーを発見した。ロンドンでは、床に半円の模様がある場所でのみパフォーマンスが許されているのだとか。

 

▲床に半円の模様が。

 

と、この話題をあっさり終わらそうと思ったが、「ここで調べないとブログ書く意味ないでしょ!」ともう一人の自分に言われたので、調べてみると…、

こんなページに行き着いた!

 

tfl.gov.uk

 

これは、ロンドン地下鉄の公式サイト。

路上で演奏している彼らはBusker(バスカー)と呼ばれ、厳しいオーディションに勝ち抜いた人たちだった。2時間制で地下鉄公認で演奏をしている。チップがそのまま収入になるらしい。

あのEd Sheeranもいたらしい!

 

地上に出ると意外と人がいる。夜のロンドンは、人通りが多い。道端には、路上生活者が寝ている。

そして寒い。5月だが、日本の3月くらいの寒さ。

地下鉄出口から5分ほど歩いて宿に着いた。

宿はここ。

シャワーの出は良い。けど、巨大なホステルなので共用部は狭い。朝食は4ポンド。

www.st-christophers.co.uk

 

となりには、パブのようなものが併設されていて、若者が集まってバンド演奏をしていた。

と思ったら、カラオケをしていた。

 

受付も混み合っていてしばし待つ。

予約は2段ベッドのドミトリーにしたのに、案内されたのは3段ベッドの部屋。

日本時間では、朝の8時なので、完徹したあとの疲れを感じていた。違う部屋にしてなんて言っている気力もなく、シャワーを浴びてすぐに就寝。

 

2段ベッドにしたのに、3段ベッドの部屋へ通されたら、しっかり抗議しましょう!日本人舐められるよ!

 

僕はしなかったので、日本人の皆様に謝ります。

 

青年は3段ベットの一番上で深い眠りについた。 

 

.

.

.

 

「このペースで描いてたら絶対終わらない…。」

キーボードをカタカタしながら、青年は静かに思った。