ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

ウィズコロナの転勤生活

今回は緩くいきましょう笑

 

みなさん、こんにちは。

とうとう全都道府県で緊急事態が終了しましたね。

緊急事態宣言下では、アフターコロナとかウィズコロナとかについての言論を聞く機会が多かったですが、出社するようになって、常にマスクをつけたり、人との感覚を開けたりということを自分でしていると本当にウィズコロナの生活になったなあと実感します。

何よりも、もうあの頃(つい半年前までの世界)には戻れないというのはちょっぴり寂しくて、なんだか悔しいですが、慣れていくしかありませんね。

f:id:yudaidolce:20200604165655j:plain

5月のとある日の仙台

 

ちなみに、前回の記事で書いた足の爪先やかかとにできたしもやけは、その後は再発することもなく、完全に消えました。

ご心配をおかけしました。

 

urlog.hatenablog.jp

 

 

さて、今回書きたいのは、、、、

 

と、内容を書いていこうと思いましたが、書きたいことはまた次回以降書いていきます。

前置きを書いていたら、中身との関係性が離れすぎていて、続きに書くことじゃないなあと思い直しました。

 

今回は緩くいきましょう笑。

 

近況について、適当に綴ります。

 

目次

 

①一人暮らしは寂しい

もうすぐ、仙台にきて2ヶ月が経ちます。

ルームシェアの反動で、一人暮らしは寂しいですが、逆にこれでもかというくらい時間を自分のために使えるので、しばらくは贅沢に時間を自分に投資したいと思います。

②仙台の夏は過ごしやすい

仙台は、きた頃は寒かったのですが、今はとてもとても過ごしやすい気候になっています。

東京の夏は暑すぎてとんでもないですが、こちらは冷房なしで窓を開けているだけで非常に過ごしやすい。

在宅勤務が普通の時代になったら、首都は北に移したらいいんじゃないかなとおもうくらいです。あ、まだ冬を体験していないので、体験してから提言するべきですね。

③支社は飲み会が多い

地方の職場だと、結構飲み会が多いです。

やはり、コミュニティに占める会社の割合が大きいということが原因だろうと思います。

会社以外に友達ができる気配がありません。笑

社員同士の距離感も近く、東京はドライだったなあと振り返って思います。

④オフィスから山が見える

オフィスから山が見えます。

別に東京でも遠くの方に富士山とか見えていたといえば見えていたけど、こっちの山は距離が近い。

⑤あんまり都市を住みこなしていない

仙台に来てから、家にいる時間が多くなったように思います。映画館とか買い物とか全然行かなくなりました。

ネットショッピングとネットフリックスで成立するということもあるし、不要な外出は依然として控えようと思ってしまうからと言い訳します。

ブログタイトルにそぐわないことだけは心配しています。

⑥自転車に乗る機会が増えた

自転車に乗る機会が増えました。

500mの距離でも自転車に乗ります。仙台は路上駐車がそこまで厳しくないのと、駐輪場も結構多いと思います。

何よりも、自転車の数が少ないからなのか、自転車が使いやすい街だという印象です。

⑦オンラインで友人と話す機会が多かった

緊急事態宣言であったこともあり、離れた友人とオンラインでのむ機会が多くて、そういう意味で寂しくない生活でした。

ということは、、、これからが本番ですね。

 

●●●

 

ということで、ほとんど中身のない記事を書いてしましました。

 

あ、そうだ。

ブログのことでいえば、最近1日のpv数がめちゃくちゃ増えています。

一日平均150PVくらいです。

f:id:yudaidolce:20200604165859p:plain

ボトムラインで100PV


なんで??

 

と思いつつ、そんなに見てくれるならどんどん書きたいなあという思いに溢れてきていますので、今後期待してください。

 

おしまい。