ゆるろぐ -Urbanisme Log-

都市生活屋のブログ

2019年を振り返って

 

 

2019年があと2日も経たないうちに終わってしまう。

2019年が終われば、あの“2020”がやってくる。

遥か先の決定事項だった東京オリンピックの年が来るのだ。

 

まあ、信じられない。

 

ということで、年末恒例の2019年を振り返る。

 

今年の始まりは、ハワイから始まった。

華々しい始まりだった。

 

海外旅行といえば、今年は、年末年始のハワイ、GWのイギリス、夏休みのベネルクスの3本立てであった。

一番おすすめしたい場所は、スコットランドエディンバラ

GWについての記事「イギリスろぐ」は、ロンドン編で力尽きてしまったのが、本当に悔やまれる…。一番描きたかったのは、エディンバラのことなのだった。

 

urlog.hatenablog.jp

 

 

▲Oahu

 

Edinburgh

 

▲Amsterdam

 

社会人としては、2年目に突入し、仕事のやり方を一つずつ覚えていった。昨年よりは、技術的にも内面的にもよりサラリーマンになったと思う。

相変わらず、地方都市への出張に行かせていただいており、そのついでにいくつか旅行にも行けている。武雄の記事は、まさに出張ついでの旅行を記事化することに成功したもので、こういうペースで描いていきたいなあなんて思ったりしている。

 

urlog.hatenablog.jp

 

仕事に関しては、段々と今の仕事の先に見える風景がぼんやりと見えてきて、また次の行動について考えたいなあと思っている。

 

仕事に関連して、今年は資格試験を二つ受けて、一勝一敗で終わった。

こちらについても記事にしたかったが、そんな余裕もなく。もし機会があれば、書こうと思っているよ。

 

さて、ルームシェアも2年目に突入。

生活に慣れてきて、友達を読んだ映画観賞会を始めたのだった。

これは、しっかり継続できている。素晴らしいことだ。

 

urlog.hatenablog.jp

 

さてさて、今年をごくごく簡単に振り返りつつ、過去記事の宣伝もできたわけだけど、本ブログの定量的な記録も振り返っておきたい。

そういえば、今年の大きなイベントは、100記事の達成だ。

本ブログ開設1年半での快挙であった。

 

urlog.hatenablog.jp

 

 

それでは、本題。

2019年書いた記事の数は…なんと…36

 

2018年の年末振り返り記事によれば、2018年の記事数は、72

 

urlog.hatenablog.jp

 

まさかの半減…です…。

 

このままいくと、来年は18記事、再来年は9記事、、、

6年後には、本ブログは消滅するでしょう。

 

まあでも、「ブログは算数じゃねえ(なめるな、流川)」ので、もう少し頑張ります。

 

気になるアクセス数はこちら。

 

 

2018年のアクセス数は、7711なので、2019年は17624アクセス。

約2倍になりました!

まさに、ブログ記事は資産になっているということでしょう。

 

 

さあさて、毎度のことながら、「この記事を書いている僕は、今飛行機の座席に座って空を飛んでいる」と書きたいところだが、今年の年末年始は実家でゆっくりするのみのだらだらdaysを楽しむことになっている。

ちなみに、今は、忘年会後の眠気に抗ってキーボードを叩いている。

 

それでは、とうとうオリンピックイヤー。

良いお年を。